Other

TOO MUCH Issue 9: The Sacred

¥3,000 (+tax)

Magazine of Romantic Geographyを掲げる「TOO MUCH」の最新号は「The Sacred」がテーマ。

アーティスト、マイケル・ハイザーが半世紀を費やしネバダに完成させた巨大建造物「City」、小川洋子や川上未映子ら小説家のテキストを生花に翻訳したカミーユ・アンロ作品、日本家屋などを改築したモスクと国内のムスリムコミュニティ、都市の中で女性だけの互助組織でありフェミニズムの先駆けとも言われるペギン会、蓮沼執太による横尾忠則へのインタビューなどを掲載。

聖なる場・ものとは何か、それを誰が形作るのか…そしてそれが人々に与える影響をさまざまな視点から探る。日本語訳冊子付き。

ソフトカバー
大きさ: 18.8 x 12.8cm
出版年: 2022
印刷: カラー・モノクロ
ページ: 272 pages
言語: 英語 / English、日本語 / Japanese

Tags

TOO MUCH


関連商品 / Related Products