Atelier HOKO

Science of the Secondary #12: Bin

$14.00 (+tax)

シンガポールのAtelier Hokoによる、ちょっと可笑しくて真面目な探求が続く雑誌、Science of the Secondary (取るに足らない科学)。12号目のテーマは自宅や職場、そして公共の場など含めて、日常生活に欠かせない「ゴミ箱」。

ゴミ箱が見つかるまでの一時的な保管場所(フルーツの種を口の中にとどめていたり、古い雑誌などを脇の下に挟んだり)、ゴミ場所の設置場所によって変化する行動(壁沿いならバスケのごとくバウンスできる)、丸型と四角型それぞれの利点、生ごみや個人情報などゴミ箱に入ったものの種類によって変化するゴミ捨てのタイミング、声や動きに反応して蓋が開くスマートなゴミ箱など、ゴミ箱を巡る行動や環境、そしてその存在意義をユーモラスに問いかける。#13「ゴミ」と併せて読みたい号になっている。

*本号に日本語訳は付属しません。

大きさ: 25 x 17.5 cm
出版年: 2022
印刷: カラー
ページ: 58 pages

関連商品 / Related Products