Other

Queer Formalism: The Return / William J. Simmons

¥2,700 (+tax)

ロサンゼルスとニューヨークを拠点に活動する美術史家・キュレーター・詩人のウィリアム・J・シモンズによるクィアアートについての論考集。タイトルは、デイヴィッド・リンチの『ツイン・ピークス The Return』からとられている。

シモンズは、「文化における、多くの場合問題を抱えた表象と同一化、再同一化を望み、私たちを愛し返すように乞うこと…クィア・フォーマリズムはその繰り返しを断ち切ることができるかもしれないし、同時にその繰り返しに喜びと危うさを見出す」という。

「間にいること」「流動性」がある種のクリシェとなったクィアアートやフェミニストアートを取り巻く言説において、レナ・ダナムやローナ・シンプソン、ラナ・デル・レイなど女性作家の作品を取り上げながら、タバコを吸いすぎること、ゲイ男性としてブリトニー・スピアーズに憧れたこと、心筋炎に苦しんだことなど、自伝的な語りの中でクィアとは何かと親密に、真摯に問いかける。

大きさ: 17x12cm
出版年: 2021年
印刷: モノクロ/カラー
ページ: 88 pages
言語:英語/English


関連商品 / Related Products