torch press

服のかたち/体のかたち / THERIACA

¥2,400 (+tax)

2018年7月より、島根県立石見美術館にて開催中(-9/9)の展覧会『THERIACA 服のかたち/体のかたち』の図録。

ベルリンを拠点に活動する濱田明日香によるファッションレーベル「THERIACA」(テリアカ)。明治時代の万能解毒剤から名付けられた「THERIACA」は、服がストレスをやわらげ、気持ちを前向きにする薬のような力があれば。という願いのもと、原型にとらわれない自由な発想で作品を発表してきました。

初めての大規模展覧会である本展は、「もののかたちの服」、「ベッドシーツの服」、「かたちの服」の3部構成となっている。身近なものを服のかたちとして捉え直す「もののかたちの服」は、ソファーにチーズ、ダンベル、牛乳パック、バレーボールやレジ袋などに、衣服としてのかたちを見出していく。「ベッドシーツの服」では、ポンチョから着想し、四角形の布に穴をあけ、シャツや、ウェストポーチ、コートなどの機能を合成するように加えることで、一枚布の新しいかたちの見え方を生み出す。様々な平面体から作られる「かたちの服」は、文字通りかたちを着ることで、身体のかたち、服のかたちを再考するような衣服となっている。衣服に対する既成概念を軽やかに塗り替えながら、発想する楽しさが伝わってくる。

本書では、これらのコレクションに加え、主任学芸員の廣田理紗による寄稿、濵田によるスケッチやコラージュなども収録。撮影は大森克己、デザインは服部一成による。

大きさ: 21.5 x 29.7 cm
出版年: 2018
デザイナー: 服部一成
印刷: カラー
言語: 日本語 / Japanese, 英語 / English

Tags

THERIACA


関連商品 / Related Products