mono.kultur

mono.kultur #37 James Nachtwey

¥1,500 (+tax)

毎号ひとりのクリエーターにじっくりとインタビューを行うベルリン発カルチャー・マガジン「mono.kultur」。37号目は、マグナム所属のフォトジャーナリスト、ジェームス・ナクトウェイ。

世界各地の紛争地帯をギリギリの場所で撮影し、見るものを否応無しにその現場へと連れ出すナクトウェイの写真。目の前の惨事・悲劇を冷静な眼差しで、時に寄り添うように撮影するそのスタイル、闇夜のような黒色が強い印象を残すイメージ、そして混沌とした状況の中であるにも関わらず確かな構図を作り上げるその技術により、これまでにも多くのフォトジャーナリストたちに影響を与えてきた。

1980年代初頭のアイルランド危機から、ボスニア、チェチェン、イスラエル、イラク、9.11のニューヨーク、そして3.11の日本…世界各地の様々な瞬間瞬間をそのカメラに収めてきた、希有なフォトジャーナリスト。今なお第一線で活動し続ける寡黙な写真家ナクトウェイの貴重な肖像。mono.kultur編集長のカイ・フォン・ラベナウ自身、ずっと実現したかった号だと言い、インタビューも自ら行う力の入れようです。一部日本語訳つき。

大きさ 20 x 15 cm
出版年: 2014
印刷: カラー
ページ: 44
言語: 英語 / English

関連商品 / Related Products