Other

遠くから見たら島だった / ブルーノ・ムナーリ

$17.00 (+tax)


商品がカートに入りました / Added

売り切れ / Out of stock

ブルーノ・ムナーリの 1971年名作"DA LONTANO ERA UN'ISOLA"の日本語翻訳版が、50年ほどの時を経て創元社より発行されました。「石は発見に満ちた世界だ。」と、海岸で見つけたさまざまな石にムナーリはそれぞれの物語を見出してゆく。たとえば同じようなくびれを持った石の家族を集めたり、直線の入った石を並べて長い線を作ったり、あるいは線の入った石に絵を描き込んでみたり。 ごつごつした石は、まるで「遠くから見ると島だった」と、 自然が作り出した形や模様からいろんな世界が無限に広がることをムナーリの言葉とモノクロ写真で教えてくれます。

判型やレイアウトなど、原書に忠実なブックデザインも嬉しい。日本語訳は関口英子。ダストカバー付き。

大きさ:21 x 21 cm
発行年:2023
印刷:モノクロ・カラー
ページ:48 pages

関連商品 / Related Products