Other

恥ずかしい料理 / 梶谷いこ 平野愛

¥1,800 (+tax)

”決して人には見せることのない日常の食事にこそ、手触りのある物語は宿る。見栄えもしないし、今どきでもない、すべての家庭料理に愛を込めて。”

2020年春、コロナ禍直前に企画をスタートし、COVID-19感染拡大の影響で取材の中断を余儀なくされながらもこの一年をかけ完成したという本書。
登場するのは、実家暮らしの女性”による "辛そうめん”、ベテラン夫婦+黒猫の ”こんころ煮”、食べざかりの息子をもつ働くお母さんの ”肉だんご”、銭湯経営者による ”納豆たまごオクラ鶏肉混ぜ”、一人暮らしの女性の”きゅうりトースト”など。それぞれの「いつものご飯」と、その人となりが知れるエピソードとレシピを収録。「恥ずかしい料理」と題されながらも、そこには本人や一緒に食す人にとってかけがえのない「いとおしい料理」が丁寧に紹介されている。発行は京都の顔で街の本屋、誠光社による。

著者:梶谷いこ 
写真:平野愛  
発行:誠光社 / A4変型 / 86P / オールカラー/ソフトカバー

関連商品 / Related Products