UTRECHT | 東京都渋谷区神宮前5-36-6 ケーリーマンション2C | info@utrecht.jp | 03-6427-4041

Atelier du Conte:フランスの絵本を楽しむ時間 – 夏講座 7/12(日)

img00061

[夏講座 「フランス絵本を知りたい!」]

フランスの児童書出版社エコール・デ・ロワジール50周年を記念して、一押し絵本をメインにご紹介。フランスにおける絵本史の流れや出版社の特徴も知ることができます。フランス語レッスンでは、実際に本屋さんで使ってみたい表現を練習してみましょう。古今東西、絵本好きの皆さん、是非!

[前期] 6/28(日)13:00-15:00 祝50年エコール•デ•ロワジール出版
[後期] 7/12(日)13:00-15:00 フランスの絵本、ここがすごい!

日 時6/28(日), 7/12(日)
場 所:ユトレヒト
住 所:150-0001 渋谷区神宮前5-36-6 ケーリーマンション2C
料 金
1) 6/28(日), 7/12(日)セット受講 ¥6,000-
2) 6/28(日)のみ受講 ¥3,500-

3) 7/12(日)のみ受講 ¥3,500-
※各回1ドリンク付

紹介する絵本:CLAUDE Boujon の絵本など。

– – – – – – – – –

[ メールでのお申込 ]

info@utrecht.jp 宛に、件名「フランスの絵本を楽しむ時間」とし、お名前/ご連絡先/参加ご希望日をご記入の上、送信下さい。折り返し受付完了のご連絡を致します。

[ お電話でのお申込 ]

03-6427-4041

– – – – – – – – –

講 師:Hiromi

フランス語講師。メーヌ大学FLE学士(外国語としてのフランス語教授法)。グルノーブル第三大学留学中、絵本の収集、制作を始める。初台のTantine Mariにて、大人を対象に絵本を教材にした語学教室Monsieur Loulouを主宰。自宅にて、子どもの創造力をマルチにのばすフランス語サロン(ふらんすごやさん)や、親子でブリコラージュや絵本を楽しめる文庫(あかいはこ)を展開。フランスの出版社Edition du taillepageの日仏バイリンガル絵本の翻訳やイラストを仕事中。アンスティチュ・フランセにて子どものためのフランス語講座も担当している。

Atelier du Conte :フランスの絵本を楽しむ時間

Atelier du Conteは、ユトレヒトで
フランスの文化・語学・歌をたっぷり楽しむ講座です。毎回テーマにそった2冊の絵本を中心にご紹介します。
ご用意するオリジナルプリントは、フランスの伝統菓子のレシピや
エッセイ、歌詞カードなど盛り沢山の内容です。

2015年夏講座は、前期、後期の2回に分けて行います。
前後期セットの受講で、お得な受講料に!
※前期、後期どちらかのみの受講も可能です。

初心者の方も、ぜひお気軽にお申し込み下さい!

– – – – – – – – –

[2015年 春講座のレビュー:春•お花特集]

※Hiromiさんによる、前回、春講座のレビューです。

4月、1回目は、 お花のすがた、かたち、シンボルや花言葉を中心にお話しをスタート。まずは、マーガレットが主人公の絵本『Le voyage de Margueritte』を一緒に眺め、お客様に花の名前やストーリーをフランス語で発話しながら共有しました。お花屋さんで使ってみたいフランス語の表現や、色のシンボルも勉強しました。お花を贈りたいときに実際に参考になりますように。それから、フランス語のカリグラフィーで花言葉入りの手製のカード作りに挑戦。絵本のイラストを参考にされる方、写真や見本を模写して、オリジナルな色合いに仕上げる方などなど。何かに没頭する時間って大切。後日、参加されたお客様から完成したカードが、友だちの間でとても評判で気に入りました、とお声を頂きました。
2回目、5月。すっかりうちとけたわきあいあいの雰囲気の中、花の香りをメインに話しをしました。まず、『鼻の長い妖精』の読み聞かせでみなさんに童心になって頂き、精油史、フランス式アロマテラピーと英国式アロマテラピーの違い、実際にフランスの家庭で実践しているエッセンシャルオイルの12本について熱弁。実際に香りをかいで、それぞれが香りのイメージを言葉にして頂くと、お客様の思わぬ経験談がはじけて盛り上がりました。最後にオイルを使って石鹸づくり!製作中は、今月の歌、『gentil coqulicot』をたくさん聞きました。
というわけで、お花づくしの初挑戦の2日にわたる講座。個人的には1回目で頂いたお客様の質問やリクエストに2回目にきちんと回答できたこと、お客様とたくさんおしゃべりができたことなど、豊かな時間を過ごすことができて良かったなあと思っています。
次は夏•講座で、“フランス絵本を知りたい”特集。こちらも6月と7月と2回行います。1回目はエコールデロワジール出版のメイン作家についてご紹介。フランスの絵本の流れもおさらい。私のお気に入り作家、Claude Boujon について、熱く語ってしまうかもしれません。

Hiromi