UTRECHT | 東京都渋谷区神宮前5-36-6 ケーリーマンション2C | info@utrecht.jp | 03-6427-4041

BOEK DECK LECTURE EXTRA 「ホンマタカシ氏の写真をめぐるいくつかのキーワード」

2011.5.6(Fri)19:00〜21:00
入場無料
NOW IDeA

Whatever PressとUtrechtの共同プロジェクトBOEK DECK。そのレクチャーシリーズ「BOEK DECK LECTURE 」では、これまで世界中の現代美術・建築・デザインに関するレクチャーを開催してきました。今回は写真家・ホンマタカシ氏の「ニュー・ドキュメンタリー」展,NOW IDeAで開催中の『”Our Mountain”
Takashi Homma Satellite 9
』開催に合わせ、BOEK DECK LECTURE EXTRAとして「ホンマタカシ氏の写真をめぐるいくつかのキーワード」と題した座談会を開催します。

’90年代より写真家として雑誌や広告などの幅広い分野で活動を続けるホンマタカシ氏。
近年では現代美術としてのコンセプチュアルな写真=コンテンポラリーフォトグラフィの手法をさらに精鋭化しています。今年1月には初の美術館での大規模な個展を開催し、現在は東京オペラシティギャラリーで個展が開催中です。

今回、「写真とは何か?」を撮り続けることで問い直すホンマ氏の写真をめぐる考察に選ばれたテーマは、現代アートに接続する「コンテンポラリーアートとしての写真」、主題としての「東京と郊外」、対象との距離を考える「決定的瞬間とニューカラー」、アーカイブとしての「ニュー・ドキュメンタリー」「ファウンド・フォト」、メディウムや加工に関する「編集と一回性」「プリント・リソグラフ・シルクスクリーン」、理論的な考察「アフォーダンス」など。

ゲストにフリーライターで編集者のタカザワケンジさんをお迎えし、Whatever Pressから編集者の木戸昌史、加藤孝司のモデレートで進行するトークイベントです。
当日は、金沢と東京の「ニュー・ドキュメンタリー」展のレポート写真上映、イベント終了後には簡単なアフターも予定しています。
ぜひお気軽にお越し下さい。

Whatever Press: http://www.whateverpress.com/
タカザワケンジ: http://alkali.gooside.com/