UTRECHT | 東京都渋谷区神宮前5-36-6 ケーリーマンション2C | info@utrecht.jp | 03-6427-4041

PUGMENT 2018年秋冬コレクション「1XXX–2018–2XXX」

pugment_f18_cover11_webready

 

Utrecht宣伝ビジュアル

2018.3.6(Tue)- 3.18 (Sun)
PUGMENT WORKSHOP #2 : 2018.3.11(Sun)12:00-20:00

 

PUGMEMTによる2018年秋冬コレクション「1XXX–2018–2XXX」を発表します。
人間のいない世界で、意思や感情を持った「ファッション」が「服」を欲するという サイエンス・フィクションを元に、衣服のコレクションおよび美術作品の新作を構成した展覧会を開催します。

 

ストーリー
この世界に人間は存在しない。そこには「服」と「ファッション」がある。
服はその世界にただ存在している。ゆっくりと分解され、最後には朽ち果てる。
ファッションは、絶えず高速で変化する感情を持ちながら光として存在している。
繰り返しながら永遠に存在し続けることに絶望している。
ファッションは、光として服に照射されたときに人間のような身体を持つことができる。
ファッションは服を求め、服の上をさまよい、命を獲得しようとする。

 

PUGMENTはこれまで、路上に落ちている衣服のディティールをプリントした「MAGNETICDRESS」や、古着のミリタリーウェアを燃やした灰で作られた 「IMAGE」など、映像や写真、パフォーマンスといった様々な手法を用いて衣服と人・都市・社会との関係性を抽出しコレクションを制作、発表してきました。

本コレクションは、日本服飾史や現代に流通する日常着についてのリサーチを元に作られます。そこから選ばれた膨大な量の素材を元に、スタイリスト・小山田考司を迎え「スタイリング」しコレクションピースを制作、展示会/展覧会を通じてサイエンス・フィクションとして再構成します。

展覧会はUTRECHTをはじめ、KAYOKOYUKI、N ID / N ID A DEUXの3会場で同時多発的に開催され、複数の場所、複数のジャンル、複数の流通形式を横断したプロジェクトとなっています。

また、3月11日(日)には「PUGMENT WORKSHOP #2」を開催します。
どなたさまも参加できるワークショップですので、お誘い合わせの上お越し下さい。

 

PUGMENT WORKSHOP #2
日時:2018年3月11日(日)12:00~20:00
参加費:1000円/枚

内容:PUGMENTが編集した日本服飾史の年表より集めた画像を、ヒートプレス機により服へ熱転写プリントします。
参加方法:ご自身の服にプリント可能です。ご希望の場合はお好きな衣服を持参してください。
※生地によってプリント出来ない場合があります。
もしくは店頭にてPUGMENTオリジナルスウェットをご購入頂き、プリントする画像をお選び頂けます。
スウェット:6800円