UTRECHT | 東京都渋谷区神宮前5-36-6 ケーリーマンション2C | info@utrecht.jp | 03-6427-4041

Julian Gatto「Semi-transparent sticky states」


12

IMG_9547

2017.8/29(Tue) – 9/10(Sun)
Opening Reception 9/2(Sat)18:00-20:00
モームとL PACK.: 9/10(Sun) 14:00-

ユトレヒトにて、アルゼンチンを拠点に活動するアーティスト、ジュリアン・ガットの展示を開催いたします。ユトレヒトでの展示は、2012年開催した、メルセデス・ヴィラルバとの共同研究プロジェクト、mejunje(メフンヘ)名義での展示以来5年ぶり。青山のテラスにあった小さな鳥小屋も、メフンへが作ってくれたものです(懐かしい…)。

この夏は、九州に滞在し、リサーチを続けていたジュリアン。今回の展示では、そのリサーチから発展した新作のインスタレーション作品を発表します。ビデオ映像と、様々なオブジェクト、サウンドを用いた内容になるとのこと。ジュリアンらしい探究心と発見に満ちた作品をどうぞお楽しみに!

14

最終日となる9/10には、L PACK.(小田桐奨、中嶋哲矢)と洋菓子モーム(ミヤギフトシ)のコーヒー&ケーキスタンドinユトレヒト「モームとL PACK.」を開催します!すっかり秋めいた心地よい週末の午後、コーヒーとケーキを手にぜひ展示を楽しんでください。

DSC08551

In the past few days, a bird pointed toward the path I should walk, a snail made an infinity-like sign at the entrance of our home and a snow-white cat appeared at the steps of the shrine when we walked by before dawn. Today, a monstrous spider appeared dead in the kitchen. Are these signs? If so, how should they be read?

Perhaps they are saying that revolutions are never just human; perhaps they are saying we should choose our allies wisely. I have chosen light bouncing in mirrors, the sound of gurgling water, bits and pieces of paper and wire, old shipping boxes, rotting flowers, lithium-ion batteries, aluminum foil, hooks and clamps.

Now we are signaling at you, can you see us? Can you tell us what you see? Do we look calm, desperate, relaxed, committed, happy, sad? Do we sound decided or unfocused? Can you feel how the air around us has become almost sticky, charged with expectation?

PROFILE:
ジュリアン・ガット 1979年ブエノス・アイレス生まれのアーティスト。クーパーユニオンで芸術を学び、シカゴ美術館附属美術大学で修士号を取得。ブエノスアイレスをはじめ、東京、ベルリン、ニューヨーク、シカゴ、ロサンゼルスなどのギャラリーや出版物にて作品を発表。近年は、カリフォルニア大学デービス校のパフォーマンス研究博士課程に在籍。共同研究グループPROTOのメンバーとしても活動している。
www.juliangatto.tumblr.com