UTRECHT | 東京都渋谷区神宮前5-36-6 ケーリーマンション2C | info@utrecht.jp | 03-6427-4041

Oct 16 Class 19

「どんなロボットが見たいですか?」ある生徒が僕に聞きました。
僕は、答えに迷ってしまいました。
「ヒューマノイド? $@#$@#%@ノイド? #@$#$@#%R@#?」
立て続けに彼女は質問してきましたが、僕はヒューマノイドの後の言葉を聞き分けられずにいました。

ミドリ・ノムラは、早い時間にお店に現れました。ユトレヒトが初めてだという彼女に僕は、隣の展示室で開催中のHIMAAの展示を見るように勧めました。HIMAAは、ちょうど展示のメイン作品の中に隠れようとしていました。そのメイン作品は、木で出来た手作りのコピー機で、コンピューターで動くかわりに、HIMAA自身がコピー機の中に入り、手書きでコピーを行うものでした。彼が稼働している間、僕は彼女にどんなアートが好きかを尋ねました。彼女は、あまりアートには詳しくないと答えます。

その答えは、僕を混乱させましたが、同時に興味深い

授業がスタートし、いつも通り自己紹介をはじめました。ミドリが名前のあとに続けて言った事を、僕はてっきり聞き違えたものと思いました。ロボット研究所で働いているなんて、にわかには信じられなかったから。

「え!?ロボットを作っている研究所、ってこと?」僕は驚いて聞きました。
「そう」彼女は答えます。

彼女はiPhoneを取り出し、ダンゴムシの様なロボットの動画を見せてくれました。ナイトクラブの中で声援を送る観衆に囲まれて、そのロボットは、まるで本物のブレイクダンサーであるかのごとく踊っていました。見ていてとても変な動画でした。ミドリが、ムーンウォークだって出来るんだよ、と言いました。

続けて彼女は、体のない脚だけのロボット、車輪付きの救助用ロボット、そしてMorph 3と呼ばれる黄色いヒューマノイドのビデオを見せてくれました。Morph 3は、床に座り、艶かしく脚を広げています。

これらのロボットたちが存在する事は知っていました。YouTubeやテレビで、映像を見た事もありました。しかし、実際にそれらの研究に携わっている人間を目の前にして始めて、ロボットたちが現実にいるんだという事に改めて驚かされました。想像出来ますか?例えばあなたが毎朝会社に行くと、ロボットがいる。

「やぁ、Morph 3、調子はどう?」
「ぼちぼちだよ、パトリック」
「昨日の夜は、なにしたの?」
「クラブに行って、女の子をゲットしたくらいかな」
「いいね!」あなたとロボットは、そう言いながらハイタッチを交わす。

人ぞれぞれ、人生もそれぞれ。クレイジーな事を仕事にする人々もいる。でも、そのクレイジーな事を仕事にする人々にとって、それはクレイジーな事ではなく、日常なのです。

ロボットたちに「おはよう」を言ったあと、あなたはコーヒーを用意してテーブルに向かう。コンピューターの電源を入れながら、あなたは昨夜のMorph 3の事を羨ましく思っているのかもしれません。

+++

“What kind of robot do you want to see?” my student asked me.

I didn’t know how to answer that.

“Humanoid? $@#$@#%@ – oid? #@$#$@#%R@#?” she asked.

I was lost after “humanoid”.

Midori Nomura came early to class today. It was her first time to Utrecht, so I recommended for her to check out HIMAA’s exhibition going on next door. HIMAA was at that moment hiding in his exhibit’s center piece – a self-made wooden copy machine, where instead of a computer operating the machine, he sits enclosed inside and hand draws each copy – waiting for people to come bye. While we were looking at HIMAA in action, I asked her what kind of art she liked. She said she didn’t know much about art, which confused yet interested me.

When class began, we all gave our introductions. After Midori said her name, I thought I heard her wrong because she said that she works in a robotics laboratory.

“What?” Like a laboratory for making robots?” I asked stunned.

“Yeah,” she replied.

She showed us a video on her Iphone of a robot that looked like a roly poly bug. It was dancing in a nightclub surrounded by people cheering it on like it was a real break-dancer. It was a strange scene to watch. Midori said it could even moonwalk.

She then showed us a video of a robot, which was basically just legs with no body, a rescue robot on wheels, and then a yellow humanoid robot called Morph 3. Morph 3 was sitting on the ground spreading his legs almost sexually.

I know these things exist. I have seen videos of them on T.V. and Youtube, but when I finally met someone who is closely involved with them, it finally dawned on me that shit like this is actually real. Can you imagine going to work in the morning and seeing a robot like it was just everyday business, and be like:

“What’s up, Morph 3?”

“Not much, Patrick… (or whatever your name is)” it replies.

“You do anything last night?”

“Just went out clubbing and got laid.”

“Nice,” you say while giving it a High-5.

People live different lives. Some people do crazy things. But for these people, it’s not crazy – it’s just everyday life.

After saying hello to the robots, you then take your coffee cup to your work-station and boot up your computer, secretly envying Morph 3 and how lucky he is.