UTRECHT | 東京都渋谷区神宮前5-36-6 ケーリーマンション2C | info@utrecht.jp | 03-6427-4041

July 14th Class 10 Pt.3

ノリコが初めてクラスに参加した時の事を良く覚えています。ビジネススーツに身を包んだ彼女は、ワインを飲み、最初はとても静かにしていました。しかし、写真について話し始めると、急に表情が明るくなりました。

「何の写真を撮るの?」
「ジャンクションです!」
「ジャンクション?」
「高速道路が、二手に分かれる箇所のことです。とてもセクシーなんです」
彼女は、赤らんだ頬で言いました。

ノリコがiPhoneで写真を撮り始めたのはわずか2ヶ月まえ、ジャンクションマニアの友人に連れ出されて高速道路を見に行ったときから。ノリコは彼が指差すジャンクションを凝視しました。数分後、彼女はそこに何かを見いだし始めました。。

しかし、この間のクラスに再び参加してくれたノリコは言いました。
「ジャンクションには飽きてきたので、かわりに息子の写真を撮り始めました」

見せてくれた彼女の写真は、僕が好きな写真家の一人である岡本真菜子の作品を思い起こさせました。彼女もまた、自然で明るい子供の写真を撮ります。ノリコが素敵なのは、彼女が自分の事をアーティストだとは思っていない事。でも彼女の写真を見れば、答えは明らかです。彼女の写真には、気取った感じが全くありません。そこにあるのは、ありのままの純粋な気持ちだけです。

(英語教室へのご参加については、こちらをご参照ください)
+++

I remember the first time Noriko Nozaki came to my class. She was wearing a business suit and drinking wine. She was very quiet at first but then when she began talking about photography, she really opened up.

“What do you take photos of?”

“Junction!”

“What’s that?”

“It’s where the highway splits into two. It’s really sexy,” she said, turning red.

Noriko just started taking pictures with her Iphone about two months before because her friend dragged her out to see a highway junction. Apparently he was a junction maniac. He pointed to the junction and Noriko stared where his finger was aimed. After a couple of minutes, she began to see something…

This last class, she came again and announced, “I’m getting bored with junctions. I started taking photos of my son.”

Her new photos reminded me of one of my favorite photographers named Okamoto Manaco who also takes really cheerful and natural photos of her children. The nice thing about Noriko is that she doesn’t believe that she is an artist, but she is. There is no pretension in her pictures. They are just raw with pure feeling.