UTRECHT | 東京都渋谷区神宮前5-36-6 ケーリーマンション2C | info@utrecht.jp | 03-6427-4041

Class 5, June 2nd

今日は、来るはずだった生徒がほとんど直前にキャンセルしてしまった為、一人だけのプライベートレッスンとなりました。

その生徒、Noritakeは良く知られたデザイナー・イラストレーターです。プレゼンテーションの始めに彼が見せてくれたのは、木製ボールに目玉を貼付けたものでした。
「これ、僕がつくったんです」

これはダメだ…と思いました。ほんとに、木のボールに安っぽいおもちゃの目玉を付けただけの代物でしたから。彼は説明を始めます。
「ただ手で握るのもよし、ペーパーウェイトに使うもよし。ポケットにいれてるだけでもいい。これ、何にでもできるんです」

僕はもう一度木のボールに目を向けました。やっぱり、Noritakeがこれに5分以上の努力を費やしたようには見えませんが、そのボールの隠れた素晴らしさが見えてきました。持つ人が、使い方を見つける。彼の美学はそこにあったのです。まっさらな白紙のように、ルールもありません。人それぞれが、ボールと異なった関係性を持つ事ができ、すべてはその人にゆだねられています。それが、彼の作品の多くにみることが出来る、Noritakeのコンセプトでした。

僕は今まで、モノをみて、「良い」「悪い」と直情的な判断ばかり下していました。悪いクセだったのかもしれません。

Noritakeはその後いくつか作品を見せてくれましたが、どれも素敵なものばかりでした。
「たまに無意味なものを作る事で、思い込んでる自分のルールみたいなものを壊したいんです。」
と、彼は言います。

アートについて、今までそのように考えた事はありませんでした。

-P

*****

Today all the students canceled at the last minute except for one, so he had a private class.

Noritake is a well-known designer/illustrator. In the beginning of his presentation, he showed me a wooden ball with two plastic eyes glued to it. “This is one of my designs,” he said. Immediately, I thought it was bad. It was just a wooden ball with cheap plastic eyes. But then he began to explain it. “You can hold it in your hands… It can be a paperweight… you can keep it in your pocket… It can be used for anything.”

I looked at the wooden ball again. It still looked as if Noritake had only spent 5 minutes to make it, but then I realized the hidden genius of it. The person holding it decides how to use it. That’s where the art lies. It’s like a blank piece of paper. There are no rules. Everyone’s relationship to it is different. It just depends on the person. This is Noritake’s concept, which he uses for most of his designs.

I am so used to looking at things and immediately judging whether it’s good or bad. It can be a bad habit.

He showed me more of his work, which really impressed me.

“I try to break rules by making useless things sometimes,” he said.

I never thought of art in that way.

-P