UTRECHT | 東京都渋谷区神宮前5-36-6 ケーリーマンション2C | info@utrecht.jp | 03-6427-4041

郷土菓子研究社「THE PASTRY COLLECTION」出版記念フェア

pastrycollection

2014.7.8(tue)-7.21(mon/holiday)
7.8(tue) 12:00-18:00 モームと郷土菓子研究社

郷土菓子研究社・林周作「THE PASTRY COLLECTION」の出版を記念したフェアを、ユトレヒト店内で開催します。ヨーロッパからアジアにかけて、19カ国をほぼ自転車で一年半まわり、その土地の郷土菓子を研究してきた彼の長い旅(の一部)が書籍に!日本では馴染みのないものをはじめ、さまざまなお菓子をつくる人々との交流や、お菓子にまつわる物語、そしてレシピが詰まった、甘党の好奇心を強く刺激する一冊です。今回は、フェアに会わせて、林さんが各地で学んだお菓子も店頭で販売!シェチェルブラ、ポルヴォロン、クッサンドゥリヨン、ブッチェッラート、バーズラーレッカリーなど、聞き慣れないけれども、一度は食べてみたい!と思わせてくれる名のお菓子ばかり。ぜひ、味わいにいらして下さい。

初日の7月8日(火)には、林さんと洋菓子モームによる、合同お菓子販売会も開催します。ちょっと不思議なお菓子の共演、どうぞお楽しみに!

 

郷土菓子研究社(林周作)
1988年生。京都出身。調理学校にて西洋料理を学ぶ。その後、レストラン、パン屋に勤務する中、日本では味わう事のできない世界の郷土菓子に興味を持ち始める。2010年渡欧、3ヶ月間13カ国の郷土菓子を調べ歩く。帰国後、主にイベントやパーティー、個展等の場を通して旅中に出会った世界の郷土菓子を発表。

2011年、更にヨーロッパの郷土菓子を調べる為に渡仏。有名店”Patisserie Jacques”にて勤務し、アルザス地方を始めとしたフランス菓子を学ぶ。その後、1年間のフランスでの研究に飽き足らず、ユーラシア大陸各国に眠る未知なる郷土菓子を調べる旅を決意。その移動手段を自転車と決めて。2012年6月1日、フランスより日本へ向けて長い旅が始まる。自転車を漕ぎ、各地の郷土菓子を味わい、ノートに書き留める毎日。各地で出会った数多くの興味深い郷土菓子をまとめたフリーペーパー”THE PASTRY TIMES”を毎月3,000部発行し、1年8ヶ月に渡り定期的に日本に向けて情報発信をしていた。フランスからバルカン半島、ウクライナ、トルコ、南コーカサス、中央アジア、インド、東南アジアと19カ国をほぼ自転車で渡り、1年半の歳月を経てヴェトナムまで辿り着く。

現在、世界の郷土菓子をまとめた本”THE PASTRY COLLECTION”出版の為、一時帰国中。様々な国で過ごし、人々と出会い、味わった経験は彼の郷土菓子の創作範囲を広げてゆく。

郷土菓子研究社:http://www.kyodogashi-kenkyusha.com